JR大阪駅にて撮影した北陸方面特急(1997年)

 

485系『白鳥』

485系ボンネット車による白鳥です。大阪~青森という超ロングラン運用で片道何と13時間弱!

通しで乗車される方は少なかったのでしょうね。時代の流れか現存しないのが残念です。

丁度この年に車両担当が新潟の上沼垂運転区から京都電車区へ変更されたようですね。

上沼垂色の車両も撮影してみたかったです。

485系『スーパー雷鳥』

『スーパー雷鳥』は1989年に登場し、パノラマグリーン車に改造された先頭車が大きな特徴でした。

それまでの485系のイメージを大きく変え、2001年まで活躍しました。

分割編成の先頭改造車も特徴的でしたね。

『スーパー雷鳥』の運用終了後も『雷鳥』『しらさぎ』でその姿を見る事が出来ました。

681系『サンダーバード』

現在の北陸本線特急列車のエース『サンダーバード』に充当される681系です。

登場時、列車名は『スーパー雷鳥サンダーバード』と名乗っていました。

 

北陸新幹線の金沢開業により681系の増備系列である683系の一部は289系に改造され、

紀勢本線、山陰・福知山線系統の特急列車で活躍の場を移しています。

681系自身に関しても、2024年度以降置き換えの計画が発表されています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました