泉北高速鉄道を走る車両たち(1996年)

 

100系(1971年~2000年)

泉北高速鉄道線の開業時に登場した形式です。

南海6100系に準じた仕様でしたが、切妻構造でセミステンレス製の車体が大きな違いでした。

3000系(1975年~)

光明池駅への延伸開業時に登場した形式で南海6200系に準じた仕様です。こちらもセミステンレス車体となっています。

1990年までの長期にわたって製造されましたが、以降の新造は5000系に移行しました。

一部の車両は南海本線に移籍し活躍中です。

5000系(1990年~)

これまでの南海の車両をベースにした仕様とは大きく異なり、

8両固定編成・非貫通型先頭車という特徴的な姿でデビューしました。

現在は順次リニューアルがおこなわれています。

この写真は延伸開業直後の和泉中央駅にて撮影しました。

7000系(1996年~)

7000系は開業時から走る100系の置き換えを目的に登場しました。

シングルアーム式のパンタグラフを装備し、登場時は先進的な姿が印象的でしたね。現在は仕様変更版の7020系が最新形式となっています。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました