南海高野線初代8000系と現在の姿(1996年/2020年)

 

高野線の異端児 初代8000系

電機子チョッパ制御の試作車的位置づけで1編成のみの製造に終わった南海高野線8000系。

車体外観は6200系と同一で見分けがつきませんが独特のブレーキ排気音が特徴です。

現在は6200系に編入

機器の劣化で故障が頻発していた事情から、2001年に7100系の廃車発生品を流用し抵抗制御に改造されました。

車両形式も改番され6200系6521Fとなり今に至ります。

改造当初はスカートの装備により雰囲気が変わりましたが、その後登場した6200系のVVVF更新車も同様の姿となっています。

改番により一時は形式消滅となりましたが、2008年に2代目の8000系が登場しました。

(2020/2/14 画像を追加し、再公開しました)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました