東海道新幹線の往年の名車たちを撮影(1995年)

0系

東海道新幹線の開業時より活躍した車両です。

1964年~1986年にかけて実に22年間改良を重ねながら製造が続けられたのが特徴です。

当時の0系の耐用年数は13年と定められていましたので初期車を後期車で置き換えるという現象が起きていました。

100系

老朽化が進んでいた0系の置き換えを目的に設計された車両となります。

1985年~1992年にかけて1,056両が製造されました。

300系

1992年3月14日の『のぞみ』デビューと共に運行を開始しました。

軽量構造による最高速度の向上で高速化を果たしましたが、その反面乗り心地は良くなかった印象です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました