大阪メトロ御堂筋線10系1113Fが廃車→チョッパ車消滅(2020年6月5日)

スポンサーリンク

大阪メトロ御堂筋線10系について

大阪メトロ御堂筋線10系は1973年に試作車が登場し、1979年より量産が開始されました。

計234両が製造され、長らく御堂筋線の主力車両として活躍してきました。

一部の車両は制御機器をVVVFインバーターに改造され、10A系と名乗っています。

10A系として改造されなかったグループはチョッパ制御のまま活躍を続けました。

最後のチョッパ車1113Fがついに廃車

先日最後の1113Fが廃車のため緑木検車場に回送されたとの事です。

これにより御堂筋線10系は形式消滅。同時に大阪メトロ保有車両は全車VVVF制御となりました。

大阪メトロにとっては節目となるのかもしれませんね。(2020年7月11日追記)

御堂筋線10系 最後のチョッパ車に乗車

6月に御堂筋線に乗車した際に幸運にも最後のチョッパ車編成1113Fに乗車する事ができました。

折角なので新大阪駅で写真撮影をし、引上線へ出発する様子を動画に収めました。

動画(YouTube)

結果的にはこれが最後の記録となってしまいました…

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました