息子とうどん県鉄道旅①アンパンマン列車で四国水族館へ!(2020年7月18日)

息子とうどん県鉄道旅(一日目)

こだま847号 700系レールスター

今回、往復の新幹線は自由席を選択しましたので混雑が予想されるのぞみの利用は回避。

700系レールスターが充当されるこだま847号に乗車して岡山に向かいました。

最後尾の8号車に乗車します。

4号車~8号車はいわゆる「サルーンシート」と呼ばれており2+2列でゆったり座る事ができます。

こだま号では7号車・8号車は自由席となりますので乗り得ですね。

なお、JR西日本のプレスリリースによると2020年8月から11月の期間、

その7号車・8号車が指定席車となり、8号車にある個室の予約も可能となるとの事です。

一部「こだま」号のコンパートメントのご予約を開始(JR西日本ニュースリリース)

新大阪駅出発から1時間10分で岡山駅に到着です。

のぞみ、みずほ、さくらでは45分ほどの所要時間となりますが、こだまはゆったり過ごせるので良いですね。

岡山駅在来線ホームで撮影

岡山駅から目的地の宇多津駅まではしおかぜ9号のアンパンマンシートに乗車予定。

発車時刻まで時間がありますので写真撮影をする事にします。

特急南風7号 2700系「きいろいアンパンマン列車」

エスカレーターを下っていると早速真っ黄色な車体が目に飛び込んできました。

この日デビューのJR四国2700系「きいろいアンパンマン列車」です!

もう一編成の「あかいアンパンマン列車」と共に新しい四国の顔として活躍してくれる事でしょう。

南風7号は宇多津駅まで後部にうずしお13号を併結して運行します。

うずしお13号は通常カラーの2700系で運行されます。

この2700系アンパンマン列車には帰りに乗車します。

瀬戸大橋アンパンマントロッコ号 キハ185系+キクハ32形

特急やくも9号 381系

以前はくろしおとしても活躍していた381系ですが今やこのやくもでの活躍を残すのみ。

カラーこそくろしおとは異なりますが、とても懐かしい気持ちになりました。

宇野線 213系

快速マリンライナーから撤退後、岡山地区のローカル列車で活躍する213系です。

行き先は2駅先の備前西市駅と超短距離運用です。

吉備線 キハ40+キハ47

山陽本線 115系

快速マリンライナー

EF210-126号機

しおかぜ9号の発車時刻が近づいてきましたので車内に乗り込みます。(次ページに続く)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました