大阪から京都鉄道博物館へ阪急線で行く方法(2020年1月11日)

 

連休の初日、489系の白山色を見るために京都鉄道博物館へ出掛けました。

今回は阪急京都線経由でアクセスしてみましたのでレポートします。

 

 

南海沿線からは阪急京都線経由もおススメ

 

南海沿線から阪急線経由で京都方面に向かうと多少運賃も安上がりとなります。

天下茶屋で南海から大阪メトロ堺筋線に乗り換えます。

 

 

 

土曜・日曜・祝日は準急河原町行きに乗車

 

土休日であれば9時台~17時台で20分毎に運行される準急京都河原町行きが便利です。

この準急の存在が阪急経由のメリットでもあります。

 

今回は高槻市で特急に乗り換えましたが、着席できる可能性はごく僅かです。

その為、お子様連れの場合は準急を乗り通す方が良いかもしれません。

準急は高槻市駅より各駅に停まりますのでその分時間は掛かりますが…

 

 

桂駅でバスに乗り換え

 

桂駅は嵐山線への乗り換え駅でもあります。

嵐山に行った後に京都鉄道博物館、京都水族館を見学といった観光コースも組めますね。

駅構内には総菜屋もあり、今回はこちらでお弁当を購入しました。

 

 

京阪京都交通もしくは京都市交通局のバスに乗車

駅東口バスのりば①より京阪京都交通もしくは京都市交通局のバスに乗車します。

今回はすぐに来た京阪京都交通のバスを利用しました。

 

 

 

「梅小路公園・JR梅小路京都西駅前」で下車

 

桂駅東口から乗車したバスは途中、狭い道を走ったり変化に富むコースで面白かったです。

バスに揺られること20分弱で『梅小路公園・JR梅小路京都西駅前』バス停に到着します。

バスを降りますと、梅小路公園は目の前になります。

 

 

 

 

お得な切符も発売されています

 

京阪京都交通のバスをご利用の場合、京都鉄道博物館のチケットとセットになった割引切符が販売されているようです。

若干、お得となりますので利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくは京阪京都交通のホームページをご覧ください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました