広島地区の在来線車両を撮影しました(2012年)

 

2012年 広島で在来線車両を撮影

2012年に仕事の関係で広島を訪ねていました。

帰りの新幹線の待ち時間などで列車の撮影をしていました。

広島地区の113系・115系

2019年春のダイヤ改正で広島地区から撤退した113系・115系です。

この時には山陽本線(広島~宮島口)、呉線(呉~広島)で乗車機会がありました。

瀬戸内色

広島駅から宮島口駅への移動時に貴重な瀬戸内色に乗車しました。

更新色(カフェオレ色)

地域色(通称:末期色)

広島地区の105系

この春のダイヤ改正で105系も運用終了となり227系「Red Wing」に統一される様です。

大阪近郊エリアの和歌山線・桜井線でも105系が活躍していますが、同じく227系(1000番台)に順次置き換えが進められますね。

可部線色

地域色

国鉄時代に旧型車両の置き換えのために新製、103系からの改造で誕生したグループですが遂にその役目を終える時が近づいてきていますね。

芸備線の気動車

広島駅に顔を出す気動車の大半がキハ40・キハ47系列となっている様です。

三好駅以遠はキハ120での運用だそうですね。

普通列車

快速みよしライナー

キハ47系7000番台『瀬戸内マリンビュー』

通常は広島~三原間の運転ですが、撮影した時は大河ドラマ「平清盛」のPRで「清盛マリンビュー」として宮島口~広島~三原間で運転されていました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました