GLION MUSEUMでクラシックカーを見学!(2020年11月8日)

スポンサーリンク

GLION MUSEUMへ見学に行ってきました!

今日は大阪市港区の築港赤レンガ倉庫内にあるGLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)へ息子と一緒に行ってきました。今日が堺市民無料招待日という情報を堺市の広報誌で見つけたためです。そのため、無料で見学することが出来ました。

なぜ堺市民が無料となるのかは堺市ホームページに下記の記載がされています。

 堺市ヒストリックカー・コレクションは、カメラのドイの創業者である故土居君雄氏のご遺族より寄贈いただいた1920年代後半から80年代前半のBMWを中心に構成された歴史的・希少的価値のあるコレクションです。
そのコレクションを、より効果的・効率的な活用及び適正な維持管理を行い、本市の都市魅力の向上等に資することを目的として、平成29年6月にビー・エム・ダブリュー株式会社・株式会社クインオート共同企業体と契約を締結いたしました。現在、株式会社クインオートが運営しているGLION MUSEUMにて展示を行っております。

このたび、当該共同企業体が、堺市民無料招待日を設定されました。この機会に本市ヒストリックカー・コレクションをはじめ、GLION MUSEUMに保管されている旧車・名車をぜひご覧ください。

引用元:GLION MUSEUMにおける堺市民無料招待のお知らせ(堺市ホームページ)

大阪メトロ中央線弁天町駅で近鉄7000系を撮影

今日は三国ヶ丘駅でJR阪和線に乗り換え、弁天町駅から大阪メトロ中央線で大阪港駅へ行きました。堺東駅から南海バスの堺南港線で海遊館まで行けば乗換も少ないのですが。

弁天町駅では阿波座駅側のホーム端で近鉄7000系を撮影。ここで時間を潰すわけにはいかないので来た電車にすぐ乗りました。こちらも近鉄7000系でした。

大阪港駅からGLION MUSEUMへは500m弱ですので歩いてもすぐに到着します。

GLION MUSEUMへ入場!

11時のオープン直後に入館しましたが、この時点で駐車場は満車のようでした。ほとんどが堺ナンバーの車でしたので堺市民無料招待日の効果が大きかったのでしょうね。

館内には国内外の往年の名車が展示されています。クラシックカー好きにはたまらないミュージアムですね。

堺市ヒストリックカーコレクション

館内の展示場4に堺市ヒストリックカーコレクションの車が展示されています。これだけの稀少価値ある車を集められた土居氏にはただただ驚くばかりです。また、これらの車の維持管理をされるミュージアムにも敬意を表したいと思います。

館内は暗めでしたのでISO6400で撮影。KPの高感度撮影の実力が発揮されるシーンとなりました。

屋外にも様々な車が展示されています

ジーライオンミュージアムの館外にも車が展示されており、赤レンガ倉庫というロケーションも相まってかなり格好良かったです。夜間に訪れても素敵なんでしょうね。

こちらは販売車両でしょうね。

GLION MUSEUMのアクセスマップ

大阪市港区海岸通2丁目6−39(大阪メトロ中央線 大阪港駅下車徒歩5分)

開館時間:午前11時から午後5時まで(最終入館 午後4時30分)

大阪港駅前~天保山周辺でバスを撮影

ジーライオンミュージアムの見学後は昼ご飯のために天保山マーケットプレイスへ。その道中ところどころでバスを撮影しました。

両備バス リョービエクスプレス回送

大阪シティバス 三菱エアロスター2種

近鉄バス 関西空港行き空港バス

南海バス 堺南港線

帰りは南海バスの堺南港線で堺東駅まで帰りました。乗り換えなく堺へ帰れるのはやっぱり楽ですね!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました