南海高野線のニューフェイス8300系を初撮影(2019年12月9日)

スポンサーリンク

高野線8300系を初撮影!

先日デビューした高野線8300系の各停運用を撮影しました。6両編成と8両編成の計2本が稼働しており高野線新時代の幕開けを感じさせます。6000系も順次退役というところですがその去就も大変気になるところです。

萩原天神駅~北野田駅間にて

(PENTAX KP+DA18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF]DC WRで撮影)

萩原天神駅にて

その後、折り返しの各停河内長野行を萩原天神駅にて撮影しました。デビュー間もないので床下機器もピカピカですね!

(下2枚はPENTAX KP+smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limitedで撮影)

高野線8300系に初乗車!

初撮影に成功した高野線8300系ですが、後日難波駅から帰宅の際に乗車の機会がありました。

6000系(6003F)と30000系『りんかん』の並びです。いつ姿を消してもおかしくない状態となった6000系は出会えば記録しておく必要がありますね。この6000系の区急に乗車しようと思っていたところ…

1番線に8300系の各停三日市町行きが入線してきました。迷わずこちらでの帰宅を選択。高野線8300系の初乗車となりました。

高野線で自動放送を聞くのはまだ慣れませんが、今後は他系列も含め一般的となるのでしょう。また、座席が固いとの話もよく耳にしますが、30、40分程度の乗車では全く苦にはなりませんね。新しい高野線の顔として活躍を期待します。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました