家族旅行で大井川鉄道『トーマス号』に乗車!(2019年11月15日)

家族旅行で静岡県・大井川鉄道へ!

11月15日・16日と家族旅行でトーマス号に乗車するために大井川鉄道を訪れました。

東海道新幹線 ひかり510号(新大阪⇒浜松)

新金谷10:38発のトーマス号に間に合うためには新大阪7:30発のひかり510号に乗らなければいけません。

早起きでしたが、無事に乗れました。

東海道本線 浜松⇒金谷

浜松駅で東海道本線の普通興津行きに乗車。乗りなれていないので興津ってどこやねんとなりますね。

浜松から大井川鉄道の乗換駅となる金谷へは40分ほど。

大井川鉄道との乗換駅、金谷に到着

金谷駅は乗換駅とは思えぬ静かな雰囲気です。

大井川鉄道の中心駅は隣の新金谷となります。

入線してくる列車を撮ろうとホーム先端に居ると、ご一緒した方に声を掛けられました。

偶然にも大阪の方で、乗車する列車が元南海21000系だと教えて頂けました。

『トーマス号』が今回の旅の目的でありますが、21000系との再会も大変楽しみにしていました。

元南海21000系との再会!

いよいよ元南海21000系との再会の時。

ホーム先端からは背景に富士山を望むことが出来るとの事でしたが、あいにくこの日は見えませんでした。残念。

元南海21000系の車内の様子

発車までの間に車内を撮影。

つり革の高島屋の広告やドアに注意のステッカーなど、当時の面影だらけでとても懐かしく感じました。

新金谷駅に到着

一駅の乗車でしたのであっという間に新金谷に到着しました。

乗客を降ろした21000系は一旦金谷方向へ引き上げ、側線に入換されました。

いきなり元南海21000系に乗れましたので幸先のいいスタート。

ホームには出発を待つトーマス号が停車していましたので早速乗り込みます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました